SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

睡眠不足が顔のたるみを引き起こす?

   

みなさん、夜はしっかりと寝ていますか?

実は睡眠が不足すると顔がたるんでくる事が研究の結果分かってきています。

なぜ睡眠がたるみを引き起こす

なぜ睡眠不足で顔のたるみが起こるかというと、それはずばり起きている時あなたの顔は劣化し続けているからです。

人間は寝ている時、つまり睡眠中に成長ホルモンを分泌して細胞を作っています。

つまり起きている時のお肌は常に劣化し続けているけれども、寝ている時に劣化したお肌を修復するというサイクルを繰り返しているのです。

なので睡眠不足の人は痩せこけてとても不健康に見えます。

なぜならお肌が劣化したまま修復すらされていないので当然ですよね!

シミになってからでは手遅れ、早めに予防しよう

普段太陽の光、特に紫外線にさらされたお肌は異常なほどの速度で崩壊していきます。

特に肌の白い人は黒い人に比べてより劣化する事も分かっています。

劣化したお肌はシミになりやすく一度シミができると病院で治療をしてもらわないとシミを取り除くのは不可能です。

そうなる前に劣化したお肌を修復するには睡眠がとても効果的、というより細胞レベルで修復させるには睡眠以外に方法ありません!

是非お試しください!

正しい睡眠ってどうやってとるの

睡眠時間は6時間以上が好ましいとされています。

8時間も寝れば十分です。

寝すぎは逆に健康にもよくないので控えましょう。

主に成長ホルモンが分泌される時間帯は夜10時〜深夜2時の間と言われています。

できるなら夜10時までに就寝したいところですね。

寝る前はお酒などは控えましょう。

「上質な睡眠」が健康を維持すると言われています。

また成長ホルモンの分泌が促進されると劣化した肌が修復されます。

また成長ホルモンは基礎代謝を上げて健康な体づくりにとても大切なものです。

特に深い睡眠時に肌は修復されている

人は眠っている時、深い睡眠、浅い睡眠を繰り返しています。

ただし成長ホルモンが分泌されてお肌が修復されるのは深い眠りについている時のみになります。

寝る前にラップトップやパソコンやテレビを見るとノンレム睡眠(深い睡眠)が妨げられるといいます。

またよく知られていることですがコーヒーやお酒の飲酒は睡眠を妨げるので寝る前は控えましょう。

まとめ

何もしなくても私たちの肌は劣化し続けています。

スキンケアをする事で多少の劣化は食い止める事ができますが、やはり一番効果があると言われているのが自己治癒力に任すことです。

これらは本当に効果がありますが実践している人はほとんどいません。

なぜかたくさんのスキンケア製品を使用する人が多いですが、本来の睡眠による自己治癒能力はターンオーバーを促進し内側からお肌を美しくしてくれます。

もちろんだからと言ってスキンケアもしっかりと力を入れた方が良いのは間違いありません。

特に自分の肌質に合ったスキンケアコスメを使うのが一番理想的だとされています。

世界的なオーガニックの流れ!だからこそ身につけたいオーガニックコスメの正しい知識

 - 顔のたるみ ,