SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

顔のたるみに効く「笑うエクササイズ」

   

20代も後半に差し掛かると、お肌のたるみ、ほうれい線などが気になってきますね。

20代はお肌の曲がり角と言われる時期が来ると言われていて、曲がり角を迎えると今まであなたのお肌に対する常識が一切通用しなくなります。つまりお肌が崩壊するスピードが修復するスピードを上回るという事です。

私たちが唯一できる事はお肌が劣化するスピードを遅らせる事だけなのです。ですが安心してください。

正しいエクササイズをすれば劣化のスピードを通常よりも大幅に遅らせる事ができます。

お早めに行動する事をオススメします。

自然にできる「笑う」エクササイズ

これを読んでいるあなたはおそらく普段あまりお顔を動かす機会が少ないのではないでしょうか。

よく泣いたり笑ったり、感情を素直に表現できる人は顔がたるみにくいと言われています。

なぜなら笑ったり、泣いたり、怒ったりすると顔を動かす筋肉、表情筋が運動されます。

普段からこういった感情表現をよくする人は常に顔が鍛えられていると言われています。

「私はそういうタイプの人間じゃないから・・」と思ってしまうあなた。

安心してください。

感情表現は訓練次第で誰でも身につく習慣や癖のようなものです。

自転車に乗ったり車の運転をするのと同じ事なのです。

笑ってみる、自発的に笑いを求める

人は泣いたり怒ったりネガティブな感情を人に伝える時は抵抗感を感じます。

泣いたり怒ったりばかりでは円滑なコミュニケーションができませんから生活するのにも苦労します。

いちいち顔のたるみを取るために泣いたり怒ったりして顔を歪ませてまで苦労する必要はありません。

あなたがする事はただ一つだけ。「笑う」ことです。

笑うことなら気持ちよくできますよね。

「笑う」エクササイズのやり方

何か自分が過去に一番面白かったことを思い出します。

息もしづらくなってお腹がよじれるぐらい笑ったことがあるはずです。

その時の感覚を思い出してください。

そして実際に笑ってみましょう。

最初は難しいかもしれませんが慣れてくると笑うクセがつきます。

探せば面白いことはたくさんある

普段から面白いことを考える癖を身につけてください。

実は日常には愉快なこと、面白いことで溢れかえっています。

むしろ面白いことを探す姿勢が大切です。

YouTubeなどでお笑いの動画などを見てみるのもいいかもしれません。

日常的に笑っていると、プラス思考になり免疫力も上がり、お肌にも張りが出て美容にも健康にもプラスになります。

まとめ

笑うと表情筋が鍛えられてお顔がキュッと引き締まります。

もちろん作り笑顔でも多少は効果がありますが、やはりいつも心から笑っている人の方が魅力的ですし本人も自然体でいる事ができます。

普段あまり笑っていない方は笑う事を求めてみましょう。

そうする事で免疫力も上がり身体の内側から綺麗になりお肌のたるみも改善されるでしょう。

世界的なオーガニックの流れ!だからこそ身につけたいオーガニックコスメの正しい知識

 - 顔のたるみ ,