SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

肌のたるみはウォーキングによって改善される!

      2017/10/17

肌のたるみの主な原因として、コラーゲンの不足が挙げられます。コラーゲンはお肌の曲がり角を過ぎると急速に数が減ってきます。

しかし有酸素運動により肌のたるみを改善することで、破壊されたコラーゲンを回復させる事ができます。

有酸素運動が細胞を活性化させる

適度な有酸素運動を行うと、酸素が身体に行き渡り、全身の細胞を活性化させます。

そもそも美肌の元となるコラーゲンは、線維芽細胞という細胞から作られているので有酸素運動によりもとの細胞が活性化されコラーゲンが指数的に増えます。

更に運動をすると血行が良くなり新陳代謝を活発にさせるので全身がキュッと引き締まります。

身体は摂取したカロリーを運動により消費し、それにより細胞が活性化する仕組みになっています。

健康的な食事と適度な運動が、健康を促進させ更にはお肌のたるみを改善させるなど美容全般にも効果があるとされています。

有酸素運動はウォーキングが最適

ウォーキングを行うと身体が適度な負荷を持続的に受け運動されるために、有酸素運動としてとても効果的であるとされています。

またウォーキングを行った後は、睡眠中に成長ホルモンが大量に分泌されるようになり良質の睡眠を取れるようになります。

その結果コラーゲンを作る細胞が活性化され肌が若々しく保たれ、運動している時も睡眠中も効果があるというまさに一石二鳥の状態です。

寝方に関しても仰向けで寝ると効果的です。

運動を全くしない人は、すぐにでも運動をする習慣を身につけた方がいいです。

ウォーキングは簡単に始めれる事ができます。

例えば日常のふとした時に歩くことを心がけるだけで良いのです。

例えば少し早起きしてバスを使わず歩いてみたり、エスカレータを使わず階段を登ったり、少し暇な時間に家の外を歩いてみたり、ほんの少し「意識」するだけで大丈夫です。

ある習慣を変えるだけでウォーキングよりも効果的

実は運動よりももっと手短に始めれて驚くほど効果がある方法があります。

私たちは身体を適度な姿勢で保つのは常に抗重力筋という筋肉を使っています。

この筋肉を使うとなんとコラーゲンが有酸素運動よりも活性化する事が分かってきています。

なので姿勢を正すだけで肌のたるみの改善にとても効果的です。

逆に普段から猫背で前のめりになっている人はコラーゲン生成が不活発になっていて顔のたるみやすい言われています。

とことんたるむか、超美肌に生まれ変わるか

姿勢が良い人はたいていの場合、有酸素運動も行っています。

なぜなら姿勢を正し有酸素運動をすれば相乗効果を生み出すからです。

姿勢の悪さは、様々なマイナスを生み出し負のスパイラルに巻き込まれます。

逆に姿勢を正し有酸素運動を行っている人は、老化する肌の細胞を若々しく保つ事ができて大量のコラーゲンを維持する事ができます。

基本的に年の割に若々しい見た目の人を見ると正のスパイラルによって全身が循環しているのが分かります。

それぞれのコレーゲンの値を測定すると明らかな事です。

頬のたるみやほうれい線に悩んでいる人は、一度姿勢から正してみるとあらゆる循環がスムーズになり身体も好調にお顔を含めた全身のたるみが改善されるでしょう。

姿勢が正しくなれば、有酸素運動を始める際もそれほど苦労する事はないでしょう。

姿勢が悪いと何かと動くのがおっくうになってくるからです。お顔のたるみが気になった時が、勝ち組、負け組の分かれ道かもしれません。

なんだかんだ言っても基礎化粧品だけはおさえておく

10代や20代前半であれば化学合成された強力な化粧品を使用することも多いでしょうが、お肌の具合が気になる人には石油由来の化粧品は逆にお肌のターンオーバーを妨害してしまうので注意が必要です。

石油由来の成分や化学合成されたものがたくさん含まれたスキンケアコスメを知らずに使っていると、体にとって良くない成分までたくさん吸収してしまうこととなり結果的に肌を傷つけてしまいシワやたるみの進行を早めてしまうこととなるのです。

特に日常的によく使うベースとなる化粧品はできるだけ植物由来のものが多く含まれたものや、肌質に合ったものを使いお肌をいたわることが肌トラブルの予防に繋がるので、肌質とスキンケアの内容がマッチしているかどうか一度確認してみましょう。

絶対に知っておくべき肌トラブルをおさえるために必要なスキンケアのやり方

 - 顔のたるみ ,