SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

二十代から肌のたるみが気になる人はエイジングケアを今から始められるチャンス!

      2015/12/13

二十代、特に前半からお肌のたるみが気になる人は少数かと思います。

なぜなら二十代前半のお肌というのは一般的にプルンとしていてまだまだハリがあるからです。

それでも私の肌はこんなにも汚い!という方もいらっしゃるかと思います。

確かに二十代でお肌のたるみやほうれい線に悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

そんな方は逆に今からエイジングケアを始められるチャンスですね。

ピンチはチャンスなんですね!

あなたのたるみはそこまで深刻な問題ではありません!

はっきり申し上げると二十代前半でお顔のたるみが目立つ方というのは老化が原因とは考えられません。

顔のたるみの主な原因は老化だと言われています。

皮膚の細胞が衰えてきて弾力がなくなることによりたるみが発生します。

人間の細胞の構造上、老化による顔のたるみが二十代前半では目立つ事はないと言われています。

二十代前半であれば原因は偏った肌質

Q「ではなぜ!私のお肌の原因は!?」二十代前半で顔のたるみが気になる方、あなたのたるみの原因は極端にオイル肌、もしくは乾燥肌だということです。

若い年代であれば通常よりも多くの脂が分泌されているため毛穴が開くことが多いです。

常時、毛穴が開いている状態になると肌にハリがなくなり結果的に顔がたるむ原因となります。

また逆に肌が乾燥しているとこれもまた皮膚にハリがなくなりお互いを引っ張る力を失いお顔がたるみます。

つまりオイル肌、もしくは乾燥肌を治す事がたるみ改善に繋がる

原因を突き止めて問題を解決する。美容の基本です!

あなたのたるみの原因のオイル肌を改善すると毛穴が収縮して結果的にたるみが改善されます。

まだ若い二十代であればお肌の中に美肌の元となるエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸がまだまだたくさん豊富にあります。

確かにそれらを作り出すと言われている線維芽細胞は二十代から衰え始めると言われています。

なので血行を良くしたりビタミンCを補給することは決して無意味ではありません。

将来的に見ればいずれ来る老化に備えたエイジングケアと言えるでしょう。

ですがまだ二十代前半であれば、そして今、現時点で顔のたるみが気になるのであればまずはその肌質を改善する事を心がけましょう。

オイル肌、乾燥肌の改善方法

お肌のトラブルを解消するのに最も重要な事が「上質な睡眠」を撮る事です。

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる午後10時〜午前2時の間

この時間帯に睡眠を摂っていると、成長ホルモンの分泌が促進されホルモンバランスが整えられると言われています。

オイル肌の人も乾燥肌の人も、お肌の異常はホルモンのバランスで改善される場合がほとんどだと言われています。

また普段食べる食材もお肌に大きな影響を及ぼす事が分かっており、オイル肌の人、乾燥肌の人に合った食材を選ぶ必要があります。

オイル肌の人の食材であれば、

豚ヒレ、豚もも、ピーナッツ、うなぎ、鶏レバー、納豆、まいたけ、ブロッコリー、生しいたけ、ヨーグルト


乾燥肌の人であれば、

卵、納豆、牛乳、チーズ、ヨーグルト、アスパラガス、インゲン、(緑黄色野菜)、はちみつ、オクラ、フルーツ、ナッツ、サーモン

が効果的です。

特に二十代前半から頬のたるみが気になったならチャンス!

これを読んでいる方、特に二十代前半であれば今からエイジングケアを始められるチャンスなのです。

エラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞を若い時からケアすることで二十代後半にさしかかっても老化のスピードを遅らせることができます。

頬のたるみ、ほうれい線の主な原因は「老化」だと言われています。

線維芽細胞にアプローチをかけることで老化のスピードを大幅に遅らせれ実年齢よりも若く見えるようになります。

エイジングケアは細胞が若い年代に行うと、更なる効果が期待できると言われています。

 - 顔のたるみ