SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

あなたの横顔は大丈夫?!横顔がやばい時の対処法【頬すぼめ体操】

      2017/10/14

鏡でふと横顔を見た時、「ぎょっ」としたことありませんか?

フェイスラインがぼやけていたり二重顎が目立っていたら危険信号です。

横顔に目立つフェイスラインのぼやけの原因は言うまでもなく筋肉の衰えなどによる顔のたるみが原因です。

一般的には「むくみ」と「たるみ」が原因だとよく言われています。

横顔たるみ予備軍は生活習慣を良くするように心がけると横顔たるみを解消する事ができます。

横顔だるみチェック

横顔を見ながらたるみをチェックしましょう。

三面鏡などの鏡を使うとチェックしやすいです。

ではチェックするポイントはどこかというと、

目尻

口角

フェイスライン

ほうれい線

以上5点ですね。

他にも全体的にたるんでいるなと感じているのであればそれはもう立派な顔のたるみと言えます。

横だるみの改善方法

顔の横だるみには2つの改善方法が存在します。

1つは天然由来のオーガニック製品を使用してエイジングケアを行っていく方法。もう一つは毎日頑張って表情筋の体操を行うこと。

出来ることであれば両立させてアンチエイジングを行っていきたいですが、肌ケアや美容液だけでも年齢や肌質に合ったものにシフトすると新しい自分に気づきます。

いつもの肌へのアプローチ

シャワーを浴びた後、お肌はどのようにケアしていますか?

10代や20代前半であれば化学合成された強力な化粧品を使用することも多いでしょうが、お肌の具合が気になる人には石油由来の化粧品は逆にお肌のターンオーバーを妨害してしまうので注意が必要です。

石油由来の成分や化学合成されたものがたくさん含まれたスキンケアコスメを知らずに使っていると、体にとって良くない成分までたくさん吸収してしまうこととなり結果的に肌を傷つけてしまいシワやたるみの進行を早めてしまうこととなるのです。

特に日常的によく使うベースとなる化粧品はできるだけ植物由来のものが多く含まれたものや、肌質に合ったものを使いお肌をいたわることが肌トラブルの予防に繋がるので、肌質とスキンケアの内容がマッチしているかどうか一度確認してみましょう。

絶対に知っておくべき肌トラブルをおさえるために必要なスキンケアのやり方

運動で改善する

まず目尻ですが、シワになっていたら要注意です。

眼力筋を鍛えるとたるみ改善にとても効果的です。

次に頬。老化により肌のハリがなくなると頬がたるんできます。

頬のたるみは表情筋を鍛える体操などをするのが効果的ですね。

口角が下がっていると、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

横顔の問題を一気に解消するやり方

それぞれのたるみ箇所に合った部分にアプローチをかけるのは確かに効果があります。

ですが目尻や口角、ほうれい線といったパーツそれぞれを一気に解消するエクササイズがあるんです。

その名も「頬すぼめ体操」と言います。

これは横顔のたるみをターゲットにしているのでとても効果があります。

頬すぼめ体操のやり方

頬すぼめ体操はお口を閉じた状態で行います。

その状態で頬に空気をいっぱい入れパンパンにほっぺたを膨らませます。5秒間キープ

次に口をすぼめ、頬のお肉を口の中に吸い込むようにします。再び5秒間キープ

以上3セット。終える時は口に空気を入れて膨らませてから止めます。

頬すぼめ体操は1分以内にできる超お手軽エクササイズと言えます。

まだお顔のたるみまだそこまで進行していないけど、横顔を見た時にたるみが少し気になるという方であればとてもオススメです!

まとめ

顔たるみに当てはまる人は、スキンケアと運動で改善することができます。

今回紹介した運動は頬すぼめ体操でどこでも簡単にできるものになります。

簡単にできる反面体操だけに頼らずにスキンケアと併用して実践していくことが大切です。

スキンケアはできるだけ年齢や肌質を考えたものを使うようにし習慣化していくようにしましょう。

 

 - 顔のたるみ