SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

冬の乾燥による顔のたるみ対策3つ

      2017/12/28

冬になるとお肌の悩みが一段と増えてくるかと思います。

特に冬の間多くの方が気になるお肌の悩みは「乾燥肌」ではないでしょうか?

空気が乾燥しているのでお肌が乾燥するのは仕方がないことですが、日本の冬は世界的に見るととても乾燥する季節と言えます。

こういった皮膚が乾燥している感覚や、痒い感覚をそのままにして放置しておくとそれらは悪化します。

乾燥肌は毎年冬になるともたらされるものですが、冬の間はしっかりとケアしなければ来年の冬にもまた継続したダメージをお肌が負うことになります。

美は継続し続けて保つことができます。

怠けてはいけませんよ!

乾燥肌がもたらす実害

乾燥肌を放っておくと様々な弊害が生まれるので良くありません。

乾燥肌を放置するとどのような実害が生まれるのでしょうか。

笑うなどした時にあらゆる箇所にくっきりとシワが形成される

全身が痒くなり湿疹が出る

口端が切れたり唇が切れる

笑ったり喋るだけで皮膚が引っ張られて痛くなる

声がガラガラになる(出ない)

抜け毛、フケの発生

肌にハリがなくなる→老けて見える、頬にたるみができる

全体的にボロボロに見える

どうでしょう。

10個近く挙がりましたね。

乾燥から生まれる実害が更なる実害を生む「負のスパイラル」を生み出します。

乾燥肌に気付いた時は即座に行動する事が予防につながります。

放置は百害あって一利なしですね。

乾燥した季節になると小まめにケアする事が推奨されます。

乾燥と顔のたるみが合わさると深刻な症状に・・

乾燥肌を放置しすぎて、もしくは気付いた時にはお顔がたるんでいるという時などがあるかと思います。

そのたるみが乾燥から引き起こされたものなのか、老化によるものなのか、もしくはその両方が合わさってできたものなのか?

その診断は非常に難しいかもしれません。

ですが一つ言えるのは、一度たるんだお肌が乾燥してしまうとそれを解消するのは相当難しいということです。

なぜ難しいのか。それはたるみケアが乾燥を引き起こし乾燥を促進させることで再びたるみが促進されるという負のスパイラルを生み出しているからです。

通常のたるみケアでは全くの無意味、というより逆効果です。

しっかりとした知識の元、適切なケアを行うことがたるみ改善の近道です。

ではどんなケアがいいのか?

例えばお肌の乾燥が進行している時などは、顔のたるみに効果があるとされている表情筋トレーニングは控えた方が良いでしょう。

特に「あいうえお体操」や「頬すぼめ体操」などの皮膚の引っ張るエクササイズを行うのは致命的ですね。

パリパリの皮膚を引っ張るとほうれい線や目元のシワの原因となります。

乾燥時は絶対に止めましょう。

では乾燥している時は一体どのようにケアを行えばよいのでしょうか?

食生活を変える

姿勢を正す

ゴールデンタイム(午後10時〜午前2時)に睡眠をとる

などですね。特にこれらは身体の内側からアプローチをかけるやり方です。

食生活は美容に密接に結びついています。特に乾燥肌を改善する食事としては、

卵、納豆、牛乳、チーズ、ヨーグルト、アスパラガス、インゲン、(緑黄色野菜)、はちみつ、オクラ、フルーツ、ナッツ、サーモン

が効果的とされています。

そして姿勢を正す時は、猫背にならないように意識して行うようにしましょう。

猫背を改善するとあらゆる身体の不調が治ります。

睡眠。睡眠は人生においてとても重要な行動の一つですがその本質を理解している人はほとんどいません。

人生で1/3もの時間を寝て過ごすわけですからね。

ゴールデンタイムで得られる上質な睡眠は上質な生活をもたらします。

たるみケア以外に肌ケアをする事が重要

乾燥によるたるみ改善には、たるみケア以外に肌ケアを同時に行う事が重要になります。

そして実生活で肌ケアをもっとも効率的に行えるのは「入浴中」です。

あなたの冬場の入浴の仕方は正しいですか?

風呂の温度が高くない

体を洗いすぎない

シャワーを直接顔にかけない

湯船に浸かる前に体を洗う

長風呂しない

入浴時にほんの少し上記を意識するだけで、お肌の乾燥感が全く以前と違ってきます。

 化粧品で改善を試みるのは良くない

お肌が乾燥してきて、更にはお顔もたるんできてもうどうしようという方。

保湿効果があると謳われる化粧品などを安易にパリパリのお肌に上塗りしないで下さい。

不健康なお肌には致命的な行為です。

乾燥して顔がたるんでいる状態はあなたのお肌がボロボロに傷んでいる状態だということを認識してください。

化粧品は医薬品ではないですし、乾燥に効くと謳われているのは単なるプロパガンダ「お金儲けのための宣伝」のイメージです。

お肌が綺麗な人の多くは化粧品を化粧品以上の使い方をしません。

乾燥によるたるみ対策まとめ

年の割に老けて見える人の主なる原因は偏った食生活と運動不足が原因だと言われています。

甘いものばかり食べている人間は、タンパク質が糖と結びつきお肌の曲がり角を迎えた時に老化物質AGEsがたくさん分泌され始めます。

この老化物質は運動をすることで解消されますが、運動をしない人は年齢とともに糖化による老化が深刻なスピードで進行していきます。

運動といっても何もエクササイズを毎日する訳ではなく、姿勢を正すだけで抗重力筋という筋肉が鍛えられます。

この抗重力筋という筋肉はコラーゲンを体内で作り出す働きがあることが知られています※。

また睡眠に関しても午後10時〜午前2時の間のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に寝る事で、成長ホルモンが分泌され日中ボロボロに分解されたお肌がこの時間帯に修復します。

美容において正のスパイラル、負のスパイラルに陥る人の違いというのは、単純に情報を知っているか知らないかですが、目先の欲望につられると(たった○○日でリフトアップ出来る、これを使うだけでマイナス10歳肌といった商品ばかりに目が行くと)負のスパイラルに陥りやすくなります。

何度も何度もお伝えしますが、顔のたるみは、頬のたるみ、目元のたるみ、ほうれい線は,

食生活の改善、適度な運動、良質な睡眠

この3つで改善されます。様々な情報が飛び交っていますが、本質を見誤らずに適切なケアを実行し続けることでたるみは徐々に改善されていきます。

※コラーゲンは、それ自体を摂取しても吸収される事はなく材料となる食材を使って体内で作られます。

世界的なオーガニックの流れ!だからこそ身につけたいオーガニックコスメの正しい知識

 - 顔のたるみ