SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

虫歯ができたら要注意│顔のたるみとの関係

      2017/10/14

顔のたるみの原因と虫歯は密接な関係にあります。

虫歯ができると片側だけでものを噛んだりするため身体のバランスが崩れがちになります。

身体のバランスが崩れると様々な箇所に弊害が出てしまいがちになります。

また片側だけのお顔のたるみの原因にもなります。虫歯ができた時はその後の行動が大切。

あなたの顔がたるむかどうかはあなたの行動によって決まります。

注意して見ていきましょう。

虫歯の恐ろしさ

虫歯になってしまうととても痛みを伴い日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

特に冷たいと暖かいものが沁みて痛くなります。

また虫歯を放っておくと口臭が発生してしまい、周りから人が遠ざかっていく原因になります。

更にその状態を放っておくと歯が抜けてしまう原因になるので注意が必要です。

虫歯を抜くとえらい事になる

見出し通りですね。虫歯になって歯を抜いてしまう方は要注意です。

どんな事になるかというと、歯を抜いた箇所に頬肉が吸い込まれしまいます。

すると頬が陥没するというとても悲惨なことになってしまいます。

しかも歯を抜くとそこから新たにシワが生まれるので美容に良い事は何一つありません。

特に複数の歯が並んで抜けてしまっている時は陥没と皮膚の吸引が顕著に目立ちます。

歯の大切さ

歯というのは人の輪郭を作る上でとても重要な役割を果たします。

唇のいうのは歯の上に乗っているので、これが無くなると唇は支えを失い、口を閉じていても隙間が空いてしまい自分の意思で口を閉じれなくなります。

そうなるとだんだんと口呼吸をするようになっていき更に健康を悪化させ顔のたるみを促進させます。

歯を失うと輪郭のバランスが崩れてしまい頬のたるみ、ほうれい線、二重顎などの原因となります。歯は常日頃からしっかりと歯磨きを行い、虫歯予防をする事が大切になります。

歯磨きの大切さ

歯磨きを欠かしてはいけません。

それは例えお酒をたくさん飲んでかなり酔っ払って帰ってきても必ず寝る前には歯を磨く事が大切です。

お口の中の細菌は、夜寝ている時に増殖します。

そして毎食後は必ず歯磨きをするように習慣づけましょう。

これを実行するかしないかで虫歯になる可能性はぐっと減ります。

歯磨き以外の予防

歯が抜けてしまうと、顔の輪郭が大幅に崩れてしまいます。

顔の崩れなどはインプラントなどで人工的に治す事も可能ですが、このブログのテーマは「自然体で健康を維持する」なので今回は予防する事に重点を置いて執筆しております。

歯が抜ける原因となる虫歯を作らない事が一番の予防に繋がるのですが、そのためには歯間ブラシが大変有効です。

ジェルをつけて磨くと効果が上がるので良いでしょう。

もちろん虫歯以外の肌トラブルにも気をつけておく

虫歯が顔のたるみを引き起こすと説明しましたが、虫歯以外からも肌自体のトラブルが引き起こされるので気をつけておきましょう。

10代や20代前半であれば化学合成された強力な化粧品を使用することも多いでしょうが、お肌の具合が気になる人には石油由来の化粧品は逆にお肌のターンオーバーを妨害してしまうので注意が必要です。

石油由来の成分や化学合成されたものがたくさん含まれたスキンケアコスメを知らずに使っていると、体にとって良くない成分までたくさん吸収してしまうこととなり結果的に肌を傷つけてしまいシワやたるみの進行を早めてしまうこととなるのです。

特に日常的によく使うベースとなる化粧品はできるだけ植物由来のものが多く含まれたものや、肌質に合ったものを使いお肌をいたわることが肌トラブルの予防に繋がるので、肌質とスキンケアの内容がマッチしているかどうか一度確認してみましょう。

絶対に知っておくべき肌トラブルをおさえるために必要なスキンケアのやり方

まとめ

歯が抜けるとお顔が陥没するとご説明致しました。

また歯が抜ける前の段階の状態というのは虫歯が進行していて口臭も相当匂うと予想されます。

口臭が臭った時はすぐに対処するようにしましょう。

また口臭を予防するには歯磨きの後に歯間ブラシを使い、歯と歯の間をしっかりとお掃除して、常に綺麗な環境を整える事が望まれます。

 - 顔のたるみ