SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

デトックスで生まれ変わろう!現代人が最も実践しやすい浄化習慣とは?

   

この記事ではデトックスの正しいやり方を紹介しています。

現代に生きる私たちにとってデトックスは重要なもので習慣化させる必要があります。

その理由は私たちが生きる社会環境に影響していています。

特に経済発展を遂げる中国のお隣に住む私たち日本人が取り込む空気中には有害物質や環境ホルモンがたくさん含まれています。

更に食品に関してもあらゆる添加物が含まれていてこれらは身体に蓄積していくものもたくさんあります。

それらが健康を害することは明らかで、肌荒れやシミ、くすみといったトラブルを引き起こす原因でもあります。

さらに歳を重ねて更年期に突入するとそれらは身体機能にまで影響を及ぼします。

更年期障害の原因の一つであるとされる理由です。

デトックスの知識を身につけよう

デトックスとは身体の中に蓄積された有害物質を身体の外に出すことを目的としています。

またデトックスには「浄化」という意味合いがあり、実に様々なやり方が存在します。

  • ファイステング(断食)によるもの
  • 特定の食材のみを摂取する
  • 運動やヨガによる代謝の活性化
  • 発汗によるもの

デトックスのやり方は主に上の4種類に分けられます。

これらはどれが良いと言うものではなく体外に老廃物を排泄するにはどれも効果的な方法になります。

実は私たちには身体にデトックス機能が自然と備わっています。

身体に蓄積した老廃物は代謝を通じ主に、尿、排便、発汗、爪、髪の毛によって排泄されていきます。

デトックスの基本はこの本来身体に備わる機能を高め、新陳代謝を高めることに他なりません。

産業革命以後、食料や加工食品に含まれる様々な添加物の数々や、急速に発展した現代では空気中にカドミウム、ダイオキシン、鉛といった身体にとって有毒な成分が含まれていることが分かっています。

またこれは身体に本体備わる機能では代謝できずに蓄積することも確認されています。

現代社会に生きる私たちにとってデトックス習慣は必要不可欠だといえるでしょう。

デトックスを行うとどうなる?

継続してデトックスを行うと、身体から不要な老廃物が排泄されます。

精神面、肉体面共に健康的になり、活力が湧き体力の向上を実感することができます。

実際に肌などはきめ細やかになり化粧ノリも良くなります。

例えば赤ちゃんのお肌はとてもきれいですが、これは身体の代謝機能が大人に比べて非常に活発という事実があります。

その結果、赤ちゃんの肌の水分量とコラーゲン量は共に高い水準をキープしたまま保湿することができるのです。

つまり赤ちゃんは元から備わるデトックス機能が非常に活発だということですね。

肌にとってデトックスはそれほど重要だということですね。

デトックスを始める前に・・。

デトックスを正しく行う前にまずは自らの食生活を見直すことが大切です。

現代社会に流通している食品には添加物という本来自然界に存在しないものがたくさん含まれています。

食品添加物には様々な役割を持っていますが、健康の向上を意図して作られているものはほとんどありません。

添加物はほとんどの場合、保存(防腐)目的と風味または甘味付け、着色または発色目的で添加されています。

まずはこれら添加物が含まれる食品を最大限避けることから始めましょう。

  • 加工食品
  • 冷凍食品
  • スナック菓子
  • 清涼飲料水

上記の食品には多くの添加物が含有しているのでデトックスを行う際には、出来るだけこれらの食品の摂るのを避けるようにしましょう。

できればデトックス中はこう言った食品は一切避けるのが理想です。

なぜならデトックスはこれら食品添加物(及び呼吸中の空気)に含まれる毒素を排泄するのが目的なので、添加物を摂ることでデトックスの効果が半減もしくは意味がなくなるからです。

もちろん身体が慣れればデトックス中に限らず、こう言った添加物が含まれる食品を一切取らずに快適に暮らすことができます。

デトックスのやり方

では実際にデトックスを始めてみましょう。

何も難しいことはありません。

デトックスはあなたがあなた自身で身体をいたわってあげることです。

現代社会は空気中にも食品にもあらゆる毒素が含まれています。

あなたの身体は頑張って解毒を行っていますが、呼吸や食事によって身体に侵入する毒素が解毒の速度を上回っています。

空気のきれいな場所へ生活拠点を移すことも非常に有効ですが、ここでは比較的実践しやすい食事について言及致します。

まずあなたができることは2つあります。

  • デトックス効果の高い食生活を実践する
  • 食事を取らない(断食を行う)

どちらを選んでいただいても構いません。あなたが実践しやすい方で構いません。どちらかを実践してみて無理があるならばもう一つの方法を試してみましょう。

先ほどお伝えしたようにデトックスは辛い思いに耐えることではなく自らの身体をいたわることです。

では順を追って説明していきます。

デトックス効果の高い食生活を実践する

デトックス効果の高い食生活はまず食材選びから始まります。

毒素を吸収させない食材と解毒を行う食材と代謝を促す食材をこれら3つをセットで摂食することが理想的な食生活となります。

毒素を身体に吸収させない食材

アボカド

アスパラガス

レンコン

ブロッコリー

にんにく

ニラ

ネギ

玉ねぎ

オクラ

りんご

もずく

お酢

梅干し

柑橘系の果物

解毒を行う食材

ピーマン
海藻
大根
わさび
レバー
オリーブオイル

マグロ
イワシ
カツオ
イカ
サンマ
カレイ
ピーナッツ
貝類
枝豆

代謝を促す食材

納豆
味噌
トマト
ヨーグルト
チーズ
ゴボウ
人参
芋類
こんにゃく
豆類
玄米
とうもろこし
生姜
唐辛子

上記の「毒素を身体に吸収させない食材」、「解毒を行う食材」、「代謝を促す食材

これら3つの食材をそれぞれ1つ以上選んで食事を作るようにして見てください。

例えば・・

カツオのたたき【カツオ(解毒を行う)とニンニク(毒素を吸収させない)生姜(代謝を促す)にネギ(毒素を吸収させない)をのせたタレ】

こんな感じでご自身で色々組み合わせてデトックス効果の高いメニューを作ってみて下さい。

元からある料理でも創作料理でもなんでも構いません。

楽しんで行うこともデトックスの醍醐味です!

いきなり難しいという方は個人的に美味しそうなメニューを考えてみたので是非参考にしてみて下さい。

  • お寿司【マグロ、イカとわさび】+ お味噌汁 + アボカドのお刺身
  • レンコンとごぼうのきんぴら + 納豆 + もずくの酢漬け + お味噌汁 + 梅干しとごはん
  • ガーリックトースト + アスパラベーコン巻き + スクランブルエッグ + オレンジジュース + ヨーグルト
  • マグロステーキ + グリークサラダ【トマト、玉ねぎ、フェタチーズ、オリーブオイル、ヴィネガー(お酢)、アンチョビ(イワシ)】

食事を取らないデトックス

以上は食事を摂るデトックスを紹介してきました。

では次に食事を摂らないデトックス、すなわちファスティング(断食)についての実践法を説明していきます。

ファスティングによるデトックスは難しく感じる事もありますが、その効果は驚くほど高いです。

浄化作用は先に挙げたデトックス効果の高い食生活を実践するよりも何倍も効果的です。

ただし無理は禁物なので、自分ができる範囲で実践することが何よりも大切です。

ファスティングはストイックに行うほど絶大な効果を発揮します。

またベテランになるほど精神的な学びがあり、単なる美容だけでは片付けることができない崇高な行いでもあります。

なんにせよやってみないと何も分からないのでとりあえずやってみましょう!

まず始めにファスティング=断食を行うにあたって意識してもらいたいことがあります。

それはファスティング中は開始日から急に飲食をゼロにする訳ではなく、限りなくライトな食生活を行うという事です。

限りなくライトな食生活というのがミソです。

従って水はこまめに摂ります。

またファスティングは長期的に行うほど効果があります。

このデトックスは普段身体が消化に使っているエネルギーを代謝に注ぐというもので、自分自身への生きるという本質的な問いかけにも繋がります。

簡単に言うと身体のスイッチを切り替えるようなものです。

ヴィーガンを始めとした菜食主義者や、フルータリアン(フルーツのみを食べる人)、ブレサリアン(何も食べない人)と同じような意識を短期的に擬似体験するようなものかもしれません。

体内環境は劇的に変わり強く健康体に変わります。

ファイステングの手引き

では早速ファスティングを行っていきましょう!

実生活で何日にも渡って断食を行うのは流石に難しいかもしれないので、まとまった休みや週末などを利用するとやりやすいかもしれません。

まず最初に行うべきことは実践する日数を決めること。

ただ何となく食べないだけ、というやり方はあまり意味がありません。

しっかり一日なら一日だけ、二日なら二日だけと日数を決めてから実践するようにしましょう。

ファスティング前日

ファスティングを行う前日は大食いを控えましょう。笑

普段通りの食事か、できることなら普段より少なめで消化の良いものを食べるようにしましょう。

身体は機械のようにすぐには切り替わりません。

徐々にファスティング環境へ慣らしていくことがキーポイントです。

できれば前日と言わず何日も前からライトフードを実践するとより効果的です。

脂っこいものや食パンなどに含まれるグルテン、肉や魚等の動物性たんぱく質、スイーツ等の糖質、そしてもちろんアルコールを避け、野菜やフルーツやスープなどの身体にとって優しいものをチョイスするようにしましょう。

ファスティング当日

ファスティング当日は水だけを飲むのが理想的だとされています。

水は飲みたくなった時に飲むようにしましょう。

ただしどうしても難しい方は、野菜やフルーツをミキサーにかけジュースにして飲みましょう。

その場合注意点が1つあり、食物繊維を摂ると効果が薄くなるのでガーゼやコーヒーフィルターなどで濾し取ったものを一日に3〜6回程度に分けて飲むようにします。

ファスティングから通常の生活へ・・

期間を決めて行うファスティングですが、それが終了するタイミングで休ませてあげた内臓を元の調子に戻してあげる必要があります。

おかゆや野菜やフルーツなどの消化に優しいもので内臓少しずつ目覚めさせてあげましょう。

ファスティング終了からの一日目はこのように内臓をいたわってあげるようにしましょう。

いきなりドカ食い等は禁物です。もちろん飲酒なども内臓に大きな負担をかけてしまうので控えるようにしましょう。

もっとも効果的なデトックスは?

この記事では現代社会でデトックスを行うのに最も実践しやすいやり方を紹介しました。

現代社会の空気や食品が身体にとって良くないもので汚染されていることも説明いたしました。

もっともデトックス効果が高いもので言うと、やはりファスティング=断食によるものでしょう。

運動やヨガによるものや、食事改善によるものなど様々なデトックスのやり方が存在しますが、食事を摂らないやり方だと消化・吸収のエネルギーを代謝に回すことが出来るので、身体に無理をかけずに自然体で行うことができます。

ただし断食によるデトックスはその他のデトックスと比べて難易度が高いので、辛さや無理を感じた時は中断することも大切です。

精神と身体にとって負担なく行うことが大切です。

現代社会を生きる私たちにとってデトックスの習慣が身につくと1つのアドバンテージになるので是非とも実践していきたいです。

 - その他