SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

一瞬で顔がたるむ│身の毛もよだつオゾマシイたばこ病│ここまで差が出るのか!?

      2015/11/26

肺の生活習慣病と言われる、たばこ病という言葉が浸透してきました。生活習慣病で死ぬ人は年間約3600万人。その順位は心臓疾患、がん、慢性呼吸病となります。はい。これは全部たばこが引き起こす死因です。たばこって、毒そのものなんですよ。吸っても何もいい事がない。百害あって一利なしとは本当によく言ったもんですね。

このブログでは何度もお伝えしていますが、美容とは健康な身体を維持できて始めて生まれるものなんです。不健康だと真面目に美容に取り組んでも端から崩れていく。これはモチベーションも下がるし、何もいい事がない。若いなら仕方がないかもしれませんが、いつまでたってもタバコを止められない状態が続くと、そうでない人との差は歴然。婚活に苦しむ女性がタバコを吸っているなんて狂気の沙汰ではないでしょうか?

タバコによってコラーゲンが破壊される

お肌の曲がり角を迎えた女性にとって、コラーゲンは肌の命をつなぐ生命線。加速度的に崩壊していくコラーゲンを絶対に守らなくてはいけない使命があるのに、タバコを吸うとコラーゲンが、もうこれでもかってぐらいに破壊されます。そして体内でコラーゲンを作るもとになるビタミンCなども破壊していきます。つまりタバコを吸うと、いくらアンチエイジングを行っても全くと言っていいほど意味がなく老化が異常な速度で進行します。頬のたるみ、ほうれい線、できまくります。

下の写真をご覧ください。以下は双子の顔を比較したもので、一方はタバコを吸いもう一方はタバコを吸わない人で比較したものです。

e087a20b-s

sauce : livedoor.blogimg.jp

一目瞭然ですね。もうこんなにも差が出てしまうんです。恐ろしい!

かくいう私も若いころはタバコを吸っていましたが、比較写真を見てタバコを吸うのを止めました。だって老けたくないんですもの。みんなもそうでしょ?

止めたいけど止められないんだよ!

このような声が聞こえてきそうですね。確かにタバコ止めるのって物凄く難しいものだと思います。一説にはドラッグよりもタバコの依存性は高いんだとか。しかも止めたらストレスから過食に走る人も少なくありません。今日ではタバコがやめられないのはニコチン依存症という一種の精神疾患だと見なされています。でも安心して下さい。タバコなんて本気を出せば誰でも止める事ができます。

具体的にタバコを止める方法とアドバイス

毎日比較写真を見る

上記のような写真を毎日みるとタバコを吸う気が少しずつ失せます。これは禁煙をするモチベーションにもなります。

禁煙に耐えている時間は長い、だからその時間を有効的に使う

タバコを吸いたい欲求に耐える時間は物凄く長く感じます。だから自分が楽しいと感じる時間の過ごし方をしてみます。そうすると楽しい時間が長続きするような感覚に。実際には楽しい時間は一瞬で過ぎ去りますが、これは禁煙という辛い時間に耐えなくても良いのでかなり効果はあると思います。時間が経てばニコチンへの欲求は自然と治まります。

辛いのは最初の2週間ほど、後はそれほどタバコが気にならなくなる

禁煙をしていて本当に辛いの最初の2週間ほどなんです。あとはなぜあれほどタバコが吸いたかったのかが分からなくなるほどです。辛いのは最初だけだと頭の中に入れておきましょう。そうすると辛い時期にも耐えられるようになります。

タバコを止めた事で起こった身体の変化

タバコによって改善されるものはたくさんあります。例えば、顔のたるみ。30歳を越えた喫煙者はほぼ全員が顔のたるみに悩んでいると言われています。

ですがタバコをやめると身体が内側から健康になります。 まず肌の健康が歴然とよくなります。コラーゲンの破壊が抑制されるので禁煙する事で肌にハリが出ててきます。そしてシミ、くすみが無くなります。そしてシワが無くなります。ゴルゴ線、ほうれい線が消えて若々しいお肌になります。

まさに百害あって一利なしのタバコの喫煙ですが、やめると身体の不調、見た目の不調がみるみる消えていくようになります。

危機感を持った時がタバコを一番止めやすい時なのかもしれません!。

 - 顔のたるみ