SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

オイルプリングに関して次々に浮かぶ疑問。本当に注目されているものは・・

      2017/02/27

あのミランダ・カーも実践しているオイルプリング。

多くの場合、ココナッツオイルを口に含んでぐちゅぐちゅとやるだけなのですが、非常に優れたデトックス効果を持つということで、セレブ達をはじめとして美に敏感な人たちの間で密かな流行を見せています。

もう昨今では、常識となっている美と健康の関係ですが、オイルプリングのようなデトックスを行うことも生活においてとても重要であることが分かっています。

ココナッツオイルだけなのか?

オイルプリングが推奨されているのはココナッツオイルだけなのでしょうか?

確かにココナッツオイルは優れた美容効果を持つものではあります。ココナッツオイルでデトックスを行うのはとても理にかなった方法と言えるでしょう。

ですが、そもそもオイルプリングとはオイルで口をゆすぐという古代インドから続くアーユルベーダによる健康法なのです。

使えるオイルはココナッツオイルに限らずオリーブオイルでも凄い効果を発揮します。

それぞれのオイルは個性を持っていて、オイルプリングをするにしてもそれぞれの効果も変わってきます。

オイルプリングに関する様々な疑問

寒い季節のココナッツオイルは固形

人によっては固形の状態だと口に入れるのに抵抗がある方もいらっしゃいます。

ですが、固形のままでも1度口に入れてしまえばすぐ体温で溶けるのでご安心下さい。

むしろ寒い季節の方が手際よくオイルプリングができるのでオススメです。

虫歯がある時にオイルプリングをしてもいいの?

虫歯がある時にオイルプリングをしてはいけない、という決まりなどはありません。

お口の中の雑菌をデトックスしてくれるので、虫歯の時にオイルプリングを行うのは悪いという事は決してないでしょう。

ですが虫歯がある人がオイルプリングをした時は歯にオイルが染みたような痛みを感じる場合もあるので、注意が必要です。

もし痛みを感じた場合は、すぐにオイルプリングの使用を控えた方がいいでしょう。

オイルプリングをしたら蕁麻疹が出たけど大丈夫?

実際にポイルプリングをした人の三分の一の人間が蕁麻疹が出たと感じているという事でした。

それはデトックスをした時に起こる好転反応だという事が最近の研究で分かってきました。

好転反応とは、身体が浄化され良い反応を起こした時に発生する反応の事です。それには頭痛や、腹痛などの他、蕁麻疹なども発生する事もあります。

もし症状が深いな症状として現れているなら少し、オイルプリングの使用を止めてみたり、回数を減らしてみても良いでしょう。

好転反応は、体がきれいになっている、という証だからこそ心配する必要がありません。

好転反応には色々ありますが、頭痛や下痢などをはじめ皮膚にも症状が出ることがあります。
肌荒れではとどまらず蕁麻疹が出来てしまい、
心配になることもありますがこれも好転反応のため心配はしなくてOKですよ。

Antivirus Life

使用してはいけないオイルってあるの?

オイルプリングを実行するにあたって使用してはいけないオイルというものは特に存在しません。

ただ使用するオイルとしては、ヴァージンオイルが推奨されます。

ヴァージンオイルとは、植物から抽出しただけのオイルの事を指します。

通常生成されているオイルというのは、オリーブやココナッツからオイルを抽出した後、不純物や独特の香りを取り除くために薬剤を用いて生成します。

この生成工程を経たオイルはヴァージンオイルとは呼びません。

ヴァージンオイルは植物、オイル本来の力を絞りたてのまま変えずに製品化したものになります。

オイルプリングを実行する際は、できるだけ生成されたオイルを避けてヴァージンオイルを使用するようにしましょう。

動物性の油でもいいの?

動物性の油を使うのは避けた方が良いとされています。

主にオイルプリングを行うので推奨されているオイルとは、植物性のものになります。

動物性の油が良くない、という訳ではありませんがなんとなく動物の油でうがいをするなんて気持ち悪いですよね。

特にオイルプリングで効果があるとされ多くの人が使用しているのは、ココナッツオイル、白ごま油、オリーブオイル、などですね。

本場のアーユルヴェーダで使用されているオイルは白ごま油になります。

それぞれどんな効果が得られるのか?

まずココナッツオイルの場合。

ココナッツオイル自体が非常に流動性の高いオイルであるのでうがいもしやすいです。また時折ココナッツの香りがしてとても気持ち良くうがいすることができました。またココナッツには冷え性の予防になります。

 

次にオリーブオイルの場合。

オリーブオイルはココナッツオイルに比べて粘度が高いオイルです。

口に入れてうがいをしていると少々顎が疲れてきます。ですが粘度が高い分、お口の中の雑菌を隅々まで除去してくれます。

これはココナッツオイルとは違った効果ですね。ココナッツオイルと比べると一目瞭然でした。

 

白ごま油の場合。

白ごま油は古くからインドの伝統アーユルヴェーダで長い使用の歴史を持つオイルです。

冷え性の改善といった薬用効果もあり現代でも美容健康には欠かせない素材となっているます。

白ごま油は殺菌効果があり、うがい(オイルプリング)をすると
様々な効果があります。

のどの乾燥を防ぎ、口臭や歯周病、口内炎予防にも効果的です。
声に張りが生まれるばかりでなく、

不思議なことに肌にツヤと潤いを与えるなどの効果もあり
白髪、抜け毛、ほうれい線などにも効くと言われています。

白ごま油のうがいやぬるだけで美肌、ほうれい線、白髪、抜け毛に効果あり

口臭予防にもなるなんて嬉しいですね。

最近ではモラル・ハラスメントなんて言葉も出てきているので自身の口臭が気になる方にはオススメです。

他にも様々な油が使える/オススメはホホバ油

一般的に動物性の油を使用するのは良くないとされていますが、植物性の酸化しにくい油であればオイルプリングを行うのにどれも最適だとも言われています。

このブログでも紹介したアルガンオイルもオイルプリングを行うのに適しています。

アルガンオイルが気になる方は、「アルガンオイルの使い方。普通の保湿クリームと比べてどうなのか?」という記事でも紹介しているのでチェックしてみて下さい。

 

どのようなオイルでも時間が経てば酸化していくのでオイルプリングを行う際は、出来るだけ酸化しにくいオイル、そして新鮮なオイルを使用するのが良いでしょう。

美容に効く、かつ酸化しにくいオイルとして有名なのは、先ほど紹介したオリーブオイル、ココナッツオイル、白ごま油を始めとして、その他

亜麻仁油、アボカドオイル、アーモンド油、ツバキ油、ホホバ油などが酸化しにくくオイルプリングを行う上でとても使い易いものと言えるでしょう。

特にホホバ油は、世界一酸化しにくいオイルとして知られ、メイク落としや紫外線予防、赤ちゃんのマッサージから妊娠線の予防まで美容、健康面で幅広く使用されているものになります。

 

 - 美容×健康 ,