SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

ブラックチアシードとホワイトチアシード。その種類と持ち運び方。

      2016/03/28

チアシードには黒いチアシードと白いチアシードがあります。

 

チアシードは、高い栄養価を持つ穀物、リノレン酸というオメガ3飽和脂肪酸が豊富に含んでいます。

 

このオメガ3飽和脂肪酸とは脂肪燃焼を促進する働きがありダイエット効果が期待されています。

 

特にホワイトチアシードと呼ばれる白いチアシードは、水に戻した時の膨張率が黒いノーマルチアシードに比べて、約1.4倍も大きくなり黒いチアシードよりも効果があるとされています。

 

原種である黒いチアシードもスタンダードなものとして、オーストラリアをはじめとした各地で大規模に栽培されて世界中で消費されています。

とにかくチアシードは栄養価が高いのです。

チアシードについて知っておきたいこと

チアシードには様々な利点があります。

様々なチアシードにまつわる話を聞くと、その凄さが身にしみて分かります。

チアシードのダイエット効果とは?

チアシードがもたらすダイエット効果。

それは、腸の働きを活発にすることで身体の循環を促します。

1日に食べる3食のうち1食をチアシード入りスムージーやヨーグルトにするだけで一ヶ月で2キロ落ちたという意見もあります。

余分な脂肪の燃焼を促すので、とにかく痩せたい方にはオススメの食材かもしれません。

チアシードの持ち運び方や外出先での食べ方

チアシードを作ったら、持ち運んで外出先で飲みたいという方もいらっしゃるかもしれません。

でもプルプルしていて普通の水筒で持ち運んでいいか分からない、という人!

モデルのローラちゃんのようにカッコよくチアシードを持ち運びたい!という方のためにチアシードの持ち運び方を幾つかまとめてみました。

ペットボトルやプラスチックの容器に入れて持ち運ぶ

chia

by: rope and summit

チアシードを勤務先や外出先で手軽にサッと補給したい時は、持ち運びできる容器に入れておくと便利でしょう。

チアシードとミネラルウォーターがあれば簡単に作ることができます。

中にフルーツなどを入れて冷やせば簡単にチアシード入りデトックスウォーターを作ることができますね。

タッパー容器などに入れて持ち運びヨーグルトやアイスなどにかけて食べる

chia_water-292x300

By: MM Healthy Eating

容器の中にあらかじめ水に戻したチアシードを入れて、持ち運びます。ただし入れすぎには注意しましょう。

チアシードは1日に摂取しても良い量というものが決まっていて、それが大さじ2杯〜4杯だと言われています

あまりチアシードを摂りすぎるとお腹がゆるくなったりすることもあるので注意が必要です。

外出先でヨーグルトやスムージーなどにサッとふりかけて食べます。デザート類とは相性がピッタリでとても美味しい食べれますね。

むしろそのままの状態で持ち運んで外出先でプルプルに戻す

チアシードをそのまま持ち運び、外出先でお水やジュースなどでチアシードを戻すやり方です。

プルプルの状態では持ち運ばないので、お水にしろジュースにしろ自分がその時のコンディションで一番飲みたいものをチョイスすることができます。

また万が一飲まなかった場合でも、心置きなくお家に持って帰ることができます。

まとめ

チアシードにはブラックチアシードとホワイトチアシードがあることが分かりました。

ちなみにホワイトチアシードとは、品種改良を重ねてできたものだそうです。その分、膨張率も栄養分も高いのだとか。

チアシードを持ち運びたい時も、特に何か専用のものを用意する訳ではなく、ペットボトルや水筒などに入れて持ち運ぶことができます。

外出先でも手軽にチアシードを摂る習慣を身に付けたいですね。

 - チアシード , ,