SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

気になるグルテンフリーの食材あれこれ。醤油はグルテンフリーなの!?

   

何かとヘルシーな話題にはグルテンフリーが取り沙汰されていますね。

 

意外とグルテンは、様々な食品に加工されていて気づかずに食べてしまいがちです。

 

醤油はグルテンフリーなのでしょうか?

 

その他、気になる食品を調べてみました。

 

たまり醤油はグルテンフリー

p04

By: 丸又商店

醤油の原料は、小麦、大豆、塩です。

 

つまり小麦、グルテンを含むためフルテンフリーとは言えません。

 

ではなぜ「たまり醤油」はグルテンフリーなのでしょうか?

 

 

それは、たまり醤油の原料が大豆がほとんどで、小麦は全く使わないか使ってもごく少量のため、ほぼ100%グルテンフリーと言えるのです。

 

普通の醤油も実はそこそこグルテンフリー

icn_kikko02.pngdbc5df61-fd10-4a27-b014-748ab5389291Large

 

たまり醤油はグルテンフリーですが、普通の醤油も実はそこそこグルテンフリーなのです。

 

普通の醤油の原料は大豆、小麦、塩ですが、どうしてグルテンフリーなのでしょうか。

 

それは醤油が製造される過程で発酵が進みグルテンが分解されてしまうからです。

 

なので普通の醤油もそこそこグルテンフリーなのです。

 

ただしグルテンアレルギーの方などは過敏に反応する人もいるので普通の醤油は避けた方が無難ですね。

 

反対にダイエット目的などであれば普通の醤油ぐらいであれば全く問題ないと言えます。

 

醤油はOKでも、意外とグルテンが含まれている食品もある

 

醤油は原料で小麦を使用しているものの、発酵が進みグルテンが分解されているためOKなのですが

 

意外とよく目にする食品でグルテンを多く含んでいるものがたくさんあります。

 

例えば以下に書いたものは、グルテンを多く含む可能性があるため避けた方が良いでしょう。

 

そら豆

ソーセージ

ハンバーグ

かまぼこ(伝統品含む一部除く)

ベジミート

 

そら豆のように小麦でなくてもグルテンを含む食品があります。

肉や魚の練り物などのつなぎとして小麦が使用されているので上記の食品は避けた方が良いでしょう。

またベジタリアンの方が食べるベジミートもつなぎとして小麦粉を使用しているので控えましょう。

 

グルテンフリーに対する私的見解とまとめ

 

ベジタリアンの中にも、動物性のもの一切摂らない厳格なビーガンから魚、鶏を食べるベジタリアン、卵、乳製品を食べるベジタリアンなど幅広く、その種類も数多くあります。

 

自然のリズムに沿った、自分の身体に合った選択をするのが好ましいのではないのでしょうか。

 

グルテンフリーもそうであれば良いですね。

 

厳格にグルテンの摂取を避ける人であれば醤油の使用ですら避けた方が良いと思われます。

 

もちろんグルテンアレルギーや不耐性の人、セリアック病の人などは厳格にグルテンフリーを実行しなければなりません。

 

ただし、健康のためやダイエットのスパイスとしてグルテンフリーを実行する場合は、よく食べる可能性のあるパン類や麺類のみに的を絞って避けるなどして、実行しやすい環境を整えてあげると良いですね。

 - グルテンフリー