SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

口臭がキツイ人はスメル・ハラスメントの疑いあり?!心当たりある人はどうすれば良いの?!

   

とうとう社会がSOSを出しました。

口臭のニオイがキツイ人は「スメル・ハラスメント」と呼ばれて、周囲に迷惑をかける存在のレッテルを貼られるようになりました(;´༎ຶД༎ຶ`)

スメル・ハラスメントってなに?!

Wikipediaで調べてみよう!

スメルハラスメントとは、臭いを原因として、周囲に不快な思いをさせる行為を指す[1][2]。「ハラスメント」の一種ではあるものの、意図的な場合だけでなく、当人が気づかぬまま意図せず周囲に迷惑をかけている場合も多い[3]。職場を退職する理由としてスメルハラスメントが挙がるようになるなど[2]、日本においても社会問題となりつつある[4]。なお「スメルハラスメント」は「スメハラ」[1][5][6]と略される場合もある。

日本においても社会問題となりつつあるそうですね。ってマジですか。

そういえば日本でも5人に3人は歯周病だとか聞いたことがあります。

匿名で原因解明

口臭が治らない、それで辛い思いをしている人は口内環境が乱れている可能性があります。

様々な原因があります。

  • 食生活
  • 歯磨きのし過ぎ
  • 睡眠不足
  • 口呼吸

どれが自分に当てはまる原因か分からない人は、匿名で無料口臭検査できて口臭の原因を特定できるようにもなりました。

長い間自分自身の口臭に悩んでいる方は完治する良い機会かもしれません。

長年治らない辛い口臭

口臭に悩んでいる人は長い間、辛い口臭に悩み続けている人もたくさんいます。

心当たりのある方もいるのではないのでしょうか?

多くの場合が、身近な人からの指摘で口臭に気づくことが多いようです。

例えば、

  • 両親や兄弟といった家族
  • 奥さんやご主人
  • 彼氏、彼女
  • 周りの友人
  • 職場で同僚

などからの指摘があります。

しかもその多くの場合が思春期、もしくは思春期以下の年代にこういった指摘を受けて、以来トラウマのようになっている人がたくさんいるようです。

長年辛い口臭と戦っている人たちにとっては何として解決したい問題です。

スメハラで辛い思いをしないために

 

スメル・ハラスメントってなんなんでしょうか?

誰が作った言葉なんでしょう?

辛い口臭に悩む人たちにとってスメハラなど浸透しなくていい言葉でしかありませんよね。

ですが臭いに耐える弱者たちがいるのも社会的な事実です。

どうやって共存していけば良いのでしょうか?

幾つか共存案をピックアップしました。

人と喋る際はガムを噛む

口臭が臭う人にとってはエチケット的存在のガム。これを噛むことで一時的に臭いを消すことができます。

人と喋るときは思いの外、自分の吐息が相手の顔にかかっていますが、口臭が臭う人はその時点でアウトです。

ガムはエチケットということを忘れないようにしましょう。

コーヒーはできるだけ飲まない

コーヒーを飲む人は要注意です。

できるだけ控えるようにしましょう。どうしてもコーヒーを飲んでしまう人は、ミルクは混ぜないようにしましょう。

コーヒーの臭いも気になりますが、ラテなどのミルクを混ぜたコーヒーは口内にミルクが残留してそれが口臭の原因になると言われています。

禁煙する(タバコを吸う人のみ)

タバコを吸う人は、禁煙することで口臭予防に役立ちます。

喫煙は歯茎の血管を収縮させて、口臭が臭う原因の一つになります。更に上記のようにコーヒーも飲んで更にタバコも吸う人は要注意!

よく知れたことですが、コーヒーの後にタバコを吸うと中年男性の臭いがする原因となります。

鼻呼吸を意識掛ける

普段から口呼吸を行っている人は要注意です。

鼻呼吸と口呼吸では吸い込む細菌の量が桁違いなのです。

もちろんその中にはニオイ菌も大量に含まれているので普段から口呼吸が習慣化している人は例外なくスメハラの対象者だと言えます。

意識して鼻呼吸をするようにしましょう。

まとめ

スメル・ハラスメントという言葉が出てきた現代では、口臭予防、口臭治療は必須となってきました。

もちろんこれらは一部の少数派の口やかましい意見なんかではなく、皆が気持ちよく生活するための社会を作るための運動だとも言えます。

もはや口臭予防、口臭治療はエチケットと言っても良いのかもしれません。

先ほども紹介したように今では長年辛い口臭に悩んできた人も、口臭専門のクリニックで治療できるようになりました。

またちょっとした心掛けで口臭を予防することもできます。

最低限のエチケットを守って住みやすい社会にして行きましょう!

 - その他 , ,