SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

顔のたるみが気になるお年頃は必見!10代や20代前半と同じような化粧品を使うのは良くない!?知っておきたいたるみのこと

   

加齢によるたるみが気になるそこのあなた。

たるみを解消しようとして躍起になっていませんか?

たるみは適切な処置、ケア、運動をすることでなくすことができます。

ただし!運動にしろ、年齢化粧品にしろ、アンチエイジングを基礎にしたエイジングケアを行う場合は、始める年齢が早ければ早いほど効果を発揮すると言われています。

大まかな年齢の目安としては、20代半ば〜40代までにはエイジングケアを開始したいところです。

たるみには様々な種類がある

見出し通り、たるみの原因には年齢によって様々な種類があります。

顔のたるみには主に5種類のたるみがあるとされています。

まぶたのたるみ

目の下のたるみ

シワができてからのたるみ

あごのたるみ

たるみ毛穴

ほとんどの方が上記の5種類のたるみに該当されたのではないでしょうか?

最も一番下の「たるみ毛穴」は、たるみそのものというより毛穴を指してそうですが、アンチエイジングの敵ということで今回はたるみで一括りにさせて頂きます。

迷う時間は皆無

たるみが気になり始めた人には時間がありません。

余裕こいているとたるみが進行します。

一度進行したたるみを基に戻すのには、倍の時間がかかるとも言われます。さらに年齢を重ねると自宅でのケアでたるみを修復することが不可能になります。

つまりクリニックに行かないとたるみが治らなくなります。

今では皮膚を切らずにたるみを改善することも可能にはなっていますが、自宅でケアできるのであればそれに越したことがないですね。

つまりたるみが気になった人には迷う時間は皆無だということ

これは基本。体操で改善する

加齢によるたるみは表情筋や僧帽筋といった筋肉の衰えが原因であることがあります。

今では様々な顔のたるみに効果的な体操が考案されています。

参照記事一覧

※クリックすると詳細ページ(記事)へと飛びます。

10代や20代前半と同じような化粧品を使うのは良くない

お肌の曲がり角を迎えた人は、若い人と同じような化粧品を使用してはいけません。

それはターンオーバーを促す力が若い人に比べて衰えているからですね。

本来、お肌というものは外気や太陽の光にさらされることで日常的に破壊されていますが、若いうちは肌が元気で破壊された箇所を修復してくれます。

この破壊と再生のサイクルをターンオーバーと呼びます。

年齢を重ね、ターンオーバーの力が弱くなるとこの修復する力が弱くなってきます。

具体的には修復するのに時間がかかるようになります。

そうなると肌が回復する時間が延びて・・

従来の化粧品のままでは絶対に追いつかない

ようになります。

なぜなら年齢化粧品でないものは肌の負担も大きくそもそもエイジングケアを全く意識していないからです。

化粧ノリが悪くなる、化粧水を使っていても乾燥している、毛穴の汚れや、シミ、そばかす、シワ等が目立つようになった、などの経験はありませんか?

お肌の曲がり角を迎えた方は、化学成分がたくさん配合されているものはできるだけ避け、できるだけ植物由来のものを使うようにしましょう。

間違いないもので言えば、アンチエイジングを意識したモンド3年連続最高金賞受賞したPCリペアゲルWセラムが一番オススメです。



今は初回限定84%OFFの700円でエイジングケアを実感できるのでまだ実践していない人は一度試してみるべきですね。

オールインワンなのでこれ一本で抑えられてコストパフォーマンスがとても良いのも嬉しいです!

たるみを無くすことはできるの?

 

年齢を重ねると、お肌の入れ替わりに時間がかかるようになり、顔の筋力が衰え、最終的にたるみが発生します。

毎日しっかりと年齢に応じた肌のケアを行うだけでもたるみが目立つことはほとんど無くなります。

更に顔の体操も取り入れることでたるみを無くすことができます。

今現在顔のたるみで悩んでいるとすればすぐにエイジングケアを意識した化粧品に買い換える、顔の体操を定期的に行う、などしましょう。

食生活もアンチエイジングを意識

スーパーフードをはじめとした毎日消費する食材も少し変化を加えると健康的に美しくなります。

特に顔のたるみに効く食べ物などもあるので知っておきたいところです。

毎日食べる食材だからこそアンチエイジングを意識することで無駄のないサイクルで健康に取り組めます。

美味しい食事と適度な運動は健康と美容に結びついています。

どうしても治らないたるみを治したい

お肌の曲がり角を大きく過ぎてしまっているのかどうしてもたるみが治らない場合は、前述させて頂いたクリニックに行ってみるのも一つの手かもしれません!

エイジングケアに特化したクリニックでは、皮膚を切らずにたるみを解消することができるので安心です。

該当記事では当ブログオススメのクリニックを紹介しています。

まとめ

今回は顔のたるみには様々な種類があること、たるみは体操で改善されること、さらに年齢にあった化粧品を使った方が良いことなどを説明させていただきました。

顔のたるみが気になり始めたのであれば早ければ早い方が良いのですぐに何かしらのケアをすることが大切です。

適切なケアをして肌と良い関係を続けていればたるみとは無縁の生活を送りましょう!

 - 顔のたるみ