SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

目の下のたるみが気になる人が意識しておきたい改善策はたった5つだけ!

   

加齢とともに発生してくる顔のたるみに関する問題。

同世代の人間は幅広く皆、同じように悩む問題ですが、当事者としてはかなり深刻な問題です。

それは目の下のたるみというのは他の部位のたるみとは違い生活習慣の改善などではなかなか治りづらい箇所でもあるからです。

ですが、どうやら目の下のたるみは絶対に改善しないと言うわけでも無さそうです。

他の顔のたるみ同様適切なケアを行う事で改善されます。特に目の下のたるみは改善策が3つだけなので数は少ないですが、意識することは少しだけなので気になる方、該当者は是非ともアンチエイジングの習慣として取り入れていきましょう。

目の下のたるみが急にひどくなった

目の下のたるみは急に発生することがあります。

これらはお肌の曲がり角を迎えた人ほど目の下のたるみが目立ちやすくなります。

これは肌のターンオーバーの期間が長くなることによって肌そのものの張りが無くなることで発生してしまいます。

いつも暗い顔と言われる

目の下のたるみがあるといつも暗い顔をしているように見えているかもしれません。

目の下のたるみ、膨らんだ部分の下が影になりクマのように見えそれが表情を暗くさせてしまっていたり、たるみそのものが全体的に落ち込んでいるようにも見えます。

他の部位のたるみとは違い、目の下のたるみというものはお顔の全体的なバランスにものすごい影響を与えるので軽く見過ぎないようにすることは大切です。

涙袋とは違う

幼少期から涙袋が際立つお顔というのは確かに存在しますが、多くの場合そういった方は自らの涙袋を目の下のたるみと勘違いされています。

ここではっきりさせておきたいのは健康なお顔のパーツである涙袋と、加齢により発生する目の下のたるみというものは、部位は同じですが見た目も中身も全く違うという事を頭の中に入れておいてください。

そうです。涙袋と目の下のたるみは完全に似て非なるものですが

涙袋が加齢により目の下のたるみに変化する

ということも頭に入れておいてください。

むしろ涙袋がある人は、その重量分はたるみ易いというのは事実です。そういった方々は以下の章に挙げている改善策をしっかりと実行してみてください。

ゴルゴ線が目立つようになった

ゴルゴ線というのは、目の下にシュッと入っている厳ついオッサンのような線のことですね。

credit: naver

彼(ゴルゴ13)の目の下に入っているこれがゴルゴ線ですね。

目の下のたるみとはまた違い、本人は「気にするな」などとおっしゃっていますが、ゴルゴ線は放っておくと年を重ねると最終的に目の下のたるみに変化するので注意してケアしていきましょう。

目の下のたるみ、自力でちゃんと治るのか?

目の下のたるみは加齢とともに発生するものなのですが、自己管理をしてしっかりと毎日のケアを行っていくことで改善することが可能です。

現代では最終的にたるみやほうれい線、くすみなどといった年齢的な問題はある程度解決できますが、やはりそれには毎日の習慣化された努力と自らの肌を客観的に分析することが必要です。

健康的な美肌は一日にしてならずですね。

アイクリームで治るの?

よくある疑問ですが、目の下のたるみはアイクリームで治すことも可能です。

アイクリームと使用する上で気をつけることは、「値段が高いから絶対に効く」「人気の商品だから絶対に効く」といった先入観を取り除くことが大切です。

肌質は個人でそれぞれ違いますし、しかも使用の目的が「目の下のたるみ」を消したという非常に限定的なものであれば成分を見てアミノ酸が含まれているものを選ぶようにしましょう。アミノ酸は肌のたるみに非常に友好的なのでオススメです。

アミノ酸は、「アミノ酸」「アミノ酸複合体」「加水分解シルク液」「加水分解コンキオリン液」などと表記されているので、それらが含まれ散るものアイクリームを選びましょう。

リフトアップクリームはどうなの?

アイクリームが目元を重点的にケアできるのに対し、リフトアップクリームはお顔全体をケアしてくれるものになります。

特にアイクリームはリフトアップクリームよりもデリケートな部分の皮膚を扱うので、含まれている成分もより繊細なものとなっています。

逆の言い方をすれば(メーカー研究者ではないので素人目の判断ですが)リフトアップクリームはアイクリームよりもシワやたるみに対して強力な成分が入っています。

もしアイクリームで望ましい効果等が得られない場合はリフトアップクリームを利用するというのも1つの選択もあります。

アンチエイジングは日常的なものを色々試してみると思いがけない効果がある場合があります。

美顔器ってどうなの?

家庭で使用することのできる美顔器はクリニックに置いてある美顔器と作りや仕組みそのものは同じです。

なのでクリニックでケアするのと同等の効果が得られることは間違いないですが、出力が弱いためどうしても家庭用だとパワー不足になるのでクリニックで専用の美顔器を使用した方が得られる効果は大きいでしょう。

ですがだからといって家庭用の美顔器が全く目の下のたるみに効果が無いわけでもありません。

美顔器自体は目の下の眼球を支えている脂肪を解消する効果があります。

また奮発して高価な美顔器を購入するほどその効果も実感出来るかと思います。

なぜなら今主流の美顔器には3タイプのものがあり、1つは皮膚そのものに作用するもの、もう1つは皮膚の奥にある筋肉に作用するもの、最後の1つは前者2つに両方作用するものです。

もちろん大きな効果を得るには3番目の全ての作用が出来る美顔器になるかと思われます。

サプリメントの効果は?

顔のたるみに効くサプリメントはどのようなものなのでしょう?

一般的にサプリメントがもたらす効果は、その他のエイジングケア、スキンケアに比べてその効果がとても弱いとも言われています。

特に、顔のたるみともなるとコラーゲンを積極的に摂るタイプのサプリメントが多いのですが、それらは一度体内で別の物質に分解されてからまたコラーゲンに再合成されるという経路をたどるのでその効果の有効性が危ぶまれるという意見があります。

もちろん肌に塗るタイプのコラーゲンは、分子が大きすぎるのでほとんど浸透しません。

分子を小さくした低分子のものでやっと少し吸収する程度のものだそうです。

まだまだ使用している人も多いですが、他のケアに以降した方が効果が得られるかもしれません。

効果的なフェイササイズ

目の下のたるみを含めた顔のたるみ全般には表情筋の衰えが原因となっている場合が多く、それらは顔の体操を行う事が推奨されています。

特に有名なもので言えば、「あいうえお体操」「僧帽筋トレーニング」「頬すぼめ体操」でしょうか?

下の記事は、表情筋を鍛えることができるフェイササイズの一覧をまとめたものと、顔のたるみに悪影響を与える日常の悪い癖をまとめたものになります。良かったら参考にしてください。

確実に治すなら長期スパンでスキンケア

今すぐに即効で目の下のたるみを解消したい。

明日までになんとかこの憎々しい顔のたるみを改善したい!

老化に気付いた時には是が非でも「今すぐにこのたるみを消し去りたい!」と強く望みますが、クリームにしろ美顔器にしろ即効性を求めた一時的なケアはあまり確実な実際の効果を得ることはできないようです。

むしろ日頃、毎日行うスキンケアの質を上げることで自分で思うよりも想像を超える効果を得ることも可能です。

エイジングケアは外部からアプローチするよりも内面から解消していくと上手くいきやすいでそこを意識的に注意しておきましょう。

まだ若い頃と同じもの使ってない?

目の下のたるみが悩む年齢になってくると、自然とアンチエイジングにも目覚めてくるかと思います。

今使用している基礎化粧品はしっかりと年齢に合ったものを使用していますか?

アンチエイジングに必要なのは、適切な食事と適度な運動、そして適切なエイジングケアです。

10代や20代前半であれば化学合成された強力な化粧品を使用することも多いでしょうが、お肌の曲がり角が近づいたり通り過ぎてしまった人には石油由来の化粧品は逆にお肌のターンオーバーを妨害してしまうので注意が必要です。

石油由来の成分や化学合成されたものがたくさん含まれた化粧品などを知らずに使っていると、体にとって良くない成分まで勢いよく吸収してしまうこととなり結果的に肌を傷つけてしまいシワやたるみの進行を早めてしまうこととなるのです。

特に日常的によく使うベースとなる化粧品はできるだけ植物由来のものが多く含まれたものや、エイジングケア成分が含まれているものを選ぶと良いです。

エイジングケア美容液であれば下記のPCリペアゲルがエイジングケア成分、植物由来の成分がたくさん含まれていています。

今主流のオールインワンなのでコスパも良く使いやすく、クリア感、ナチュラルな透明感が際立ちオススメです。


クリニックは効果があるのか?

多くの人が最終手段と考えている美容クリニック。

できれば肌を切らずに傷をつけずにたるみや老化を改善していきたいものです。

しかしあらゆるケアを行ってもなかなか思わしい効果を得られない時は、顔のたるみ、目の下のたるみが気になりすぎている、ストレスの負荷が大きすぎる場合はクリニックに行くのも一つの手かもしれません。

しかしクリニックに関しての個人的なブログなどもあまりないのも現状。

できればクリニックに行く前に色々な口コミであったり情報を下調べしておきたい、という気持ちがやまやまかと思います。

実際に手術を受けた人に聞きたいこともたくさんあるかと思います。

今回は多くの方が疑問に思うクリニックに関するQ&Aをまとめています。

 

内出血はバレバレか?

施術後は多少の内出血が目立つと言われています。

特に術後は内出血が多く目立つ傾向にはあるので人と会う予定がある人などは少し注意した方が良いかもしれません。

2、3日で腫れが引いたという方から10日以上もアザのようなものが残ったという方まで様々です。また施術する内容や部位によっても異なるが現状のようです。

完治するのに何日かかるのか?

これも施術内容や部位によっても異なるのですが、大体の目安として2週間が完治にかかる日数と見られます。

人によっては3日目から仕事に出社したという人、メイクを厚くして施術後の痕を隠している人などもたくさんいますが、余計な負担を皮膚に与えないためにも完治するまでは安静にすることが推奨されます。

気をつける点

気をつける点としてまず真っ先に挙げられるものが、クリニック選びです。

こういった業界は、様々なクリニックが存在します。

例えば、美容整形外科とアンチエイジングクリニックでも内容は違いますし、どこまで自分ができるかということを内なる自分に問いかけるのが大切かもしれません。

例えば皮膚を切っても良い、皮膚を切りたくないなどですね。

記憶にとどめるべきは、一度皮膚を切った痕は一生残る可能性があるということです。またそれは一生元の顔に戻れない可能性も含まれていること。

その上で自分がどこまで許容できるかが大切です。

切らずに改善できるのか?

今日ではアンチエイジングを意識しているクリニックでは切らずに顔のたるみ、目の下のたるみを改善することも可能になってきています。

またそのトレンドとしてその傾向が強くなってきているので、色々な対策を実践していてもあまり望ましい効果を得ることが出来ない人は、一度行ってみるのも良いかもしれません。気軽にカウンセリングができるようになっているのも安心です。

該当記事では当ブログのオススメクリニックを紹介しています。

目の下のたるみが気になる人の改善策は5つだけ!

いかがでしたでしょうか?

目の下のたるみというものは、老化から始まり多くの人を悩ませています。

しかしエイジングケアにおいて押さえておきたい重要なポイントは意外とシンプルです。

特に目の下のたるみの場合、そのポイントは以下の5つになります。

  • アイクリームを使用する
  • リフトアップクリームを使用する
  • 美顔器を使用する
  • フェイササイズ(顔の体操)を行う
  • スキンケアをエイジングケアに代える

また上記のこれらは5つ全てを実践する必要は無くどれか1つを変えるだけで改善されることもあります。

一時的にすぐにたるみを取りたいのか、時間はかかるけど確実に長期的プランで解消して行くか、自分に何が合っているかを見極める必要がありますね。

 - スキンケア, 顔のたるみ