SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

目元のシワに効く美容液おすすめ 市販のプチプラから日本初物、効果、口コミまで

      2017/10/21

目元は特にシワが出来やすいのでたくさんの人が抱える悩みになっています。

目元のシワはアイクリームでも改善することができますが、今回の記事は美容液をテーマにしているのでエイジングケア・スキンケアによって目元のシワを改善していくことをコンセプトに構成されています。

なお美容液は日頃のスキンケアをしっかりと実行していくことで、シワ、くすみ、たるみの改善に繋がるのでアンチエイジングではしっかり押さえるべきポイントでもあります。

目元のシワに効く美容液、市販されているもの

美容液を購入に至る際は、実際に気をつけておきたいポイントがあります。

できる限り、安くて、確実な効果が期待できるものを選びたいものですが、安さを求めると確実の効果が薄くなり、確実な効果を求めるとどうしても安さからは遠くなります。

更に目元のシワにちゃんと効く美容液となると年齢を意識したエイジングケアなものを選ぶ必要があります。

一体どういったことを基準に選ぶと良いのでしょうか?

市販の美容液は3つのタイプに分かれている

あなたが一度は手にしたことのある美容液には2つのタイプのものが存在しています。

化粧品全般に言われていることですが、それは石油由来成分で構成されているもの植物由来成分で構成されているもの。そして化合物(ケミカル)が優先的に含まれている物です。

石油由来のもの、ケミカル由来のものはまとめてケミカルコスメ(厳密には石油由来のものは更に強毒なペトロケミカルと呼ばれ分けられている)、植物由来の物はナチュラルコスメと呼ばれています。

ケミカルコスメを使用すると発がん性リスクが高まり、肌にダメージを与えることがはっきりと証明されています。

海外では、イギリス、アメリカ、オーストラリアを始めとした英語圏、フランス語、イタリア語、ドイツ語などヨーロッパを中心とした主要メディアではすでにケミカルコスメが人体に与える大きな弊害がたくさん見ることが出来ます。

以下の記事はオーストラリアの主要メディアで消費者サポート団体Coiceに書かれている記事です。

日本ではこういった団体が大きく活動をしていないこともあり、化粧品の広告や宣伝そのものに正しい情報が埋もれています。

一部抜粋

Mineral oil is full of carcinogens

鉱物油(石油を精製して作られたオイル)は発がん性物質がたっぷり。

On the upside, we found many of the products from major international brands no longer contain any of the more dubious ingredients. In the globalised marketplace, there’s little sense in producing different formulations for different countries – some with a banned or restricted chemical and others without.

As a result, the once-common dibutyl phthalate, toluene, butylated hydroxyanisole (BHA) and petroleum distillates have all but disappeared from big brand nail polishes, lipsticks and mascaras.

大きな国際的コスメブランドにとって大量の製品に疑わしい怪しい成分を含ませることはもう長くは続かなく、国際化したマーケットではケミカルやその他(石油等)の成分を除いて調合した製品を各国のためにプロデュースしていることを我々(Coice)は発見した。

その結果、ありふれたフタル酸ジブチル、トルエン、ブチルヒドロキシアニソールや石油から蒸留されたものなど全てがネイルやリップマスカラなどの大手ブランドから消えた。

欧米では、すでにペトロケミカル(石油合成されているもの)はほとんど無くなっていて少数のみ存在しますが、それすら多くのメディアに叩かれていて排他の一途をたどっています。

こういった石油由来成分、ケミカル成分が淘汰されている世界的な流れに対して、多くの利権が絡む日本国内では一部の専門家までもが「石油から合成したものは全く天然物と変わらず全く無害です。今まで通り使用しましょう。」という主張までされているほど。

実際のところ国内でメディアが流す情報は歪曲したものが飛び交うようになっているので注意しましょう。

様々な研究から年々世界的にヒトの身体に石油は合わないという意識が強くなっています。

目元のシワにはオールインワンが良い訳

化粧品には3つの種類があること。そして石油由来の成分には発がん性リスクがあること、肌に大きなダメージがあることを説明しました。

そうなるとケミカルコスメではなく、ナチュラルコスメを選ぶ必要が出てきますが、市場に出回っている化粧品には少なからず石油由来の成分が多少なり含まれているものもたくさんあります。

特に目元のシワに効く美容液ともなると限られてきますが、オールインワンなものを選ぶとエイジングケアが上手くいきます。

なぜなら目元のシワ、というより年齢化粧品全般はオールインワンの方が全ての成分の肌への負担をメーカーが把握した上で製造しているからです。

つまり化粧水、乳液などの基礎化粧品をバラバラに使用するのは成分的にも組み合わせが悪い場合が多々あり、実践的な臨床試験を行っている物の方が効果が出やすく、なにより肌へのダメージが極端に少ないのでエイジングケアにはぴったりなのです。

現在オールインワンが主流になってきているのには上記のような背景があります。

100パーセント植物由来の化粧品を選ぶのは難しいかもしれませんが、できるだけ植物由来のもので構成されているもの、アンチエイジングを意識しているもの、またリアルな口コミ件数が多い物を選ぶようにすると良いです。

目元のシワに効く美容液、プチプラ

目元のシワに効く美容液を選ぶときの基準は、植物由来の成分がたくさん含まれている物、オールインワンを選ぶと良いと説明しました。

プチプラは値段で勝負している商品なので、望ましい効果、劇的な効果が得られることはあまりありませんが、植物由来のものがたくさん含まれている物、オールインワンのものでプチプラを選ぶと失敗を招く可能性も低くなります。

しかしプチプラで以上の条件を満たすとなるとその数は圧倒的に限られてきます。

またプチプラの定義も様々ですが、ここでは1000円以下のものをプチプラとします。

プチプラ美容液のメリット・デメリット

目元のシワに効くプチプラ美容液には以下のメリット・デメリットが挙げられます。

プチプラのメリット

  • 値段が安い
  • コンビニ薬局等で簡単に手に入る
  • 少ない成分で構成されているので敏感肌でも安心して使用できる
  • 色々な種類を試せる

 プチプラのデメリット

  • 保湿成分が少ない時がある
  • 含まれている有効成分の割合いが薄い
  • 期待する効果が得られない場合がある

目元のシワに有効なプチプラ

目元のシワに確実に効果が得られるプチプラだとあまりに値段がプチプライスだと期待する効果が得られない時があります。

いくらプチプラとはいえ効果がなければ無意味なのでここでは通常価格が特に安い製品は省きます。

特にキャンペーン等で普段は高いものがプチプライスで購入できるケースなどはかなりコスパが良いのであえてそういったものを紹介していますが、あまり多くなく2点のみの紹介となります。

TREE ¥980

TREEは目元やまつげに効くアイクリームで、トケイソウ由来のエキスや柑橘系のものといった植物由来成分が含まれています。

またあや猫さんを始めとした美容系のインスタグラマーさんの間でも頻繁に使用されているものなのですが、通常は4700円(税抜)する製品ですが、毎月キャンペーンをやっているので実質的に初回だけ980円で使うことができます。

更に全額現金保証がついているので安心です。


目元の「シワに効く」日本初の美容液

日本で初めて「シワを改善する」と明記することができる美容液はポーラのシワ改善薬用美容液「リンクルショットメディカルセラム」になります。そんなポーラのアイクリームがB.Aザ アイクリームです。


高い商品力、開発力が際立つポーラのアイクリーム、お値段は張るものの確実な効果を得たい人にとってはオススメかもしれません。

目元のシワの美容液の気になる効果は?

目元のシワに効く美容液はたくさんあります。

そもそも宣伝、コマーシャルの段階から目元に効くと謳う商品もたくさんありますが、そういったものは薬事法に抵触している可能性が高いので注意が必要です。

ですが、実際に効果があるものが存在するのも事実です。通常価格が常に安いものはあまり期待する効果が得られることは少ないですが、通常価格に応じてそれになりの効果が得られることは多いようです。

ただし中長期使用して初めて効果が得られる場合もあるので目利きする力も大切になります。

目元のシワに効く美容液、口コミの共通点

目元のシワに効くと言われている美容液の口コミの評価には、様々な意見があります。

口コミの意見の大半は、ポジティブなものばかりが目立ちます。

もちろん中には否定的な意見も存在しますが、それは全体の2割程度の範囲内の収まっています。

その中でも、多くの否定的な口コミに共通しているものは、「肌に合わない」というものです。

肌がザラザラになる、肌に赤みが目立つようになる、肌が痛くなる、等

そして次に多い意見が「効果がない」というものです。

効果を感じない、正直よく分からない、全く浸透しない、などですね。

とにかく「肌に合わない」「効果を感じない」と感じた場合はすぐに使用を止めることをオススメします。

効果を感じないだけならまだしもその後の肌環境が悪化する可能性があり、最悪の場合皮膚科に通うケースなども見られるので無理に肌に合わない商品を継続するのは止めましょう。

 - スキンケア