SHIZEN LIFE

自然のリズムで美、健康体を維持するアンチエイジングブログ

絶対に知っておくべき肌トラブルをおさえるために必要なスキンケアにやり方

      2017/12/09

乾燥やニキビ、敏感肌等から引き起こされる肌トラブル全般を改善する、未然に防ぐ効果的なスキンケアのやり方を解説します。

そのやり方とは簡単に言うと正しいタイミングで、肌質に合ったスキンケアコスメを使うことです。

それにはまず、はじめに自分の肌質を知る事が大切です。

今はまだまだ多くの人が自分自身の肌質について何も分かっていない状態となっています。

インターネット調査リサモビによると約3分の2に当たる59.5%もの人間が自分の肌質を把握していないという事が分かります。

これほど多くの人が自分の肌質をしっかりと理解していないんですね。

特に美意識が高い人の中でも自分の肌質をしっかりと把握していないせいで後々になって肌トラブルに悩むケースもたくさんあります。

逆に自分の肌質に合った適切なスキンケアコスメを使うことで効果を最大限に高め、効率的にお肌のターンオーバーを高めることができます。

正しいスキンケアの知識を身につけるととマイナス5歳はキープできるので、しっかり実践していきましょう!

スキンケアはやる人やらない人で大きく差が出ます。

スキンケアで肌トラブルは改善するのか?

果たして本当にスキンケアだけで肌トラブルは改善するのでしょうか?

答えは「YES」です。

ただし正しいやり方とコスメでしっかりと継続する必要があります。

特に長期にわたってお肌に良くないスキンケアを続けていると、取り返しがつかないことになるので注意しましょう。

ひどい時には乾燥や敏感肌がひどくなり肌の赤みやニキビ、シミ、シワ、たるみなどのより大きなトラブルを引き起こすトリガーになるので、常に肌のコンディションには気を遣いましょう。

知っておくべき肌のこと

最終的な肌のトラブルは主に乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌、この3タイプの「問題肌」から引き起こされます。

自分の本来の肌質がどの「問題肌」に近いか、そしてどの化粧品とのコンビネーションが一番自分の肌との相性が良いかをいつも頭に入れておくと良いでしょう。

肌のことは深く知れば知るほど解決策が見えてきます。

スキンケアコスメを間違えると命取りに

スキンケアコスメ、つまり基礎化粧品は必ず肌質に合ったものを使用しましょう

安い市販のコスメやプチプラ等を使っていたり、パッケージやキャッチコピーだけを見てなんとなく良さそうなものを買っている人は要注意です。

基礎化粧品を間違えるとどうしようもない事態に陥ってしまうことがあります。

肌質に合っていないコスメを使用すると過敏に反応して赤みが出たり吹き出物、ニキビをはじめとしたブツブツ全般の発生を引き起こします。

  • 乾燥
  • 赤み
  • ニキビ(クレーター)
  • シミ
  • たるみ
  • シワ

上記は全て肌質に合ってない基礎化粧品が引き起こす可能性がある症状です。

シミ、たるみ、シワは放っておくと完治が難しくなるのでできるだけ早く正しいスキンケアに移行することが理想です。

またニキビは半永久的に残るクレーターを引き起こす最大の要因になるので要注意です。

何度もお伝えしているように自分の肌質に合ったスキンケアを行うことが肌トラブルを抑える最優先事項です。

適切なケアのやり方

適切なスキンケアはよく知られているように基本的には洗顔、化粧水、美容液とどれもこの3つの工程を辿ります。

この3つをセットにします。

また基礎となる洗顔、化粧水、美容液を別々のメーカーのものを使用している場合などは成分的に組み合わせが良くないことがよくあります。

洗顔、化粧水、美容液は同じメーカーで揃えた方が良いでしょう。

基礎化粧品は必ず押さえておく

肌質に合った基礎化粧品を選ぶために、自分の現在の肌質をしっかりと把握しておきましょう。

それぞれの肌質は以下のようになっているので自分はどの肌質かをチェックします。

  • 乾燥肌(カサカサする、むず痒い、粉を吹くことがある、洗顔後つっぱる、化粧ノリが悪い)
  • 敏感肌(かさつき、ヒリヒリする、赤み、肌荒れ、刺激に反応しやすい)
  • ニキビ肌(ニキビがよくできる、どことなく乾燥している、ブツブツ等に悩むことが多い)

これらの症状は時が経過するほど、シミ、シワ、たるみ、などなど深刻な肌トラブルの直接的な原因となります。

自分の肌質とコスメの良好な組み合わせはしっかりと頭に入れておきましょう。

肌質に合ったものでないと意味がない

肌質に合わないものを使用すると、肌の劣化が早くなり慢性的な肌トラブルを引き起こします。

乾燥肌には乾燥肌の、敏感肌には敏感肌の、ニキビ肌にはニキビ肌のそれぞれの肌に合った製品を使うことが肌のトラブルを防ぎ、改善するのに最も役に立ちます。

乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌とそれぞれの問題肌にダイレクトにアプローチをしてくれるコスメで言えばラ・ミューテがオススメです。

天然成分が多く含まれていて肌にも優しく内側からの女性ホルモンのバランスを考えてくれているので安心して使えます。

アンチエイジングが気になる人にもオススメですね。

お試しプログラムを利用すると半額以下で基本の洗顔フォーム、化粧水、美容液が1.5か月分使えるので中々お得です。

 乾燥肌の方はこちら ≫ 

 敏感肌の方はこちら ≫ 

 ニキビ肌の方はこちら≫ 

もしラ・ミューテ以外にも気になるコスメがあれば色々試してみて自分の肌に合うものを見つけるようにしましょう。

ただしプチプラに近いものやあまりにも低価格のものは効果がないので避け、しっかりニーズに応えてくれるものを選ぶようにしましょう。

ベストなタイミングは・・?

最高のタイミングでスキンケアをするなら必ず夜に行うようにしましょう。

洗顔後、タオルで水気を取った後、化粧水と美容液をつけます。

基本的にはたったこれだけですが、特に乾燥が気になる人は乳液やクリームなどでコーティングします。

スキンケア効果を高くする

スキンケアの効果を高めるには洗顔後1分以内には化粧水を塗るようにしましょう。

またその際コットンを使ったりパッティング(叩いたり)せずに、手で優しく塗布してあげます。

コットンやパッティングではお肌にとって刺激が強すぎるからです。

そして先程お伝えしたように夜に重点的にスキンケアを行いましょう。

そうすることで睡眠中の新陳代謝を高めることができます。

またお肌のターンオーバーも促進され若々しくハリのある肌に生まれ変わっていきます。

スキンケアは毎日行う習慣だからこそ、よりいっそう真剣に向き合いましょう。

まとめ

肌トラブルは放っておくと年月が経ってから表面化してくるので、早めの段階で先手を打っておきたいところです。

そのためには肌質に合った正しいスキンケアコスメを使い、最も良いタイミングでスキンケアを行うことが大切になります。

逆にスキンケアのやり方さえ合っていれば、肌トラブルを予防、改善することができます。

お肌は放置するほど将来的に大きくなる問題なので早め早めの改善をしていきましょう。

 - スキンケア